本ブログのINDEX

2011年07月15日

インナーマッスル(肩)のトレーニングの参考本

野球で特に重要になりつつある肩とインナーマッスルのトレーニング。
トレーニング法とその意義について詳しく述べられている参考本の紹介です。

立花龍司氏の書籍
 立花氏は日本でいち早くMLB式のトレーニング理論を取り入れた方として有名です。
 千葉ロッテ球団での指導実績もあります。
 チューブや軽いダンベルを使ったトレーニング法について詳しい書籍があります。

手塚一志氏の書籍
 手塚氏も(当時)ダイエー球団での指導実績もある方です。
 今ではさまざまな投球理論・打撃理論についても書籍多数ですが、
 肩のトレーニングについてもチューブ、ダンベルを使用した方法論の展開と、
 新しいトレーニングツールについての提唱などもされています。

ノーラン・ライアンの『ピッチャーズ・バイブル』
 伝説の名投手、ノーラン・ライアンが自ら書した本です。
 トレーニングについて沢山の記述があり、中には当然、肩のトレーニングについても。

『マダックス・スタイル』
 1990年代、MLBで最強と言われたアトランタ・ブレーブスの投手陣。
 その投手陣を指導したレオ・マゾーニー氏の書籍です。
 グレッグ・マダックス、トム・グラビン、ジョン・スモルツといった(当時)現役投手が、
 実際の投球フォームからトレーニング法までを公開してくれています。
 その中に、肩のトレーニングについてもページが多数割かれています。
posted by オレ流監督 at 12:55| Comment(0) | TrackBack(3) | 33_参考本・参考サイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ピッチャーズ・バイブル〜ノーラン・ライアン
Excerpt: 家で録画してあった『スポーツ大陸』という番組を見ました。 「最後まで投げてこそ 〜レッドソックス 松坂大輔」の回。 その中で 『ノーラン・ライアンのピッチャーズ・バイブル』 という本が出てきました。 ..
Weblog: 野球について知ったこと
Tracked: 2011-07-15 12:57

肩の“バイブル”
Excerpt: 最初に買った投球についての技術本を先日紹介しました。 この本は、その次にすぐ買った投球の技術本。 『手塚一志の肩バイブル』 前回の立花氏と並び、プロでの経験のある手塚一志氏が著者..
Weblog: 野球について書いてある本、紹介します
Tracked: 2011-07-15 13:02

最初に買った投球についての技術本
Excerpt: 中学に上がって野球にドップリ漬かるようになってから、初めて野球の技術について本格的に知りたくて買った本があります。 野球の技術といってもピンキリですが、“投げる”ことについての技術が知りたかった..
Weblog: 野球について書いてある本、紹介します
Tracked: 2011-07-15 13:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。